バンコク楽宮ホテル (徳間文庫)



バンコク楽宮ホテル (徳間文庫)マレー半島 モンスーン・エクスプレス―バンコク‐シンガポール鉄道の旅 (ここ以外のどこかへ!)バンコク子連れ留学―タイにはまってタイ語習い、一家四人七カ月のビッグホリデーカオサン探検―バックパッカーズ・タウンバンコク楽宮ホテルばんばんバンコク―女たちの過熱灼熱タイ旅行記 (知恵の森文庫)地球の歩き方 ガイドブック D18 バンコク 2006~2007年版 (地球の歩き方ガイドブック)バンコク迷走EXPO70伝説―日本万国博覧会アンオフィシャル・ガイドブック (オルタブックス)バンコクの容姿


バンコク楽宮ホテル (徳間文庫)

ジャンル:
セールスランク:339658 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 1,799 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

時を経ても色褪せない面白さ

まだバンコクが日本人にとって身近な観光地ではなかった70年代の日本人バックパッカーたちを通しその当時の情景を描いているのだが、登場人物は魅力的だし、まだ何かと近隣諸国が物騒だった時代だけあって興味をそそる話題も多い。
今となってはバンコクは一見爽やかな観光都市に変わってしまったし、バックパッカーも今では市民権を得てしまい、この当時とは大きく変わってしまったが、この小説に描かれているバンコク、バックパッカーの根底に流れる感覚は変わっていないと思う。
昔を知っている人、今しか知らない人でもまず東南アジアの魅力にとりつかってしまった人間が読めば、まず一気に完読してしまうだろう。
それぐらいに東南アジアのエキスが凝縮されている。
日本で絶版になって購入は困難となってしまったのは残念ですが、東南アジアの大手日系書店なら入手可能です。
眠れません

バンコクヤワラー(チャイナタウン)の楽宮ホテルでの70年代のお話。今だに沈没型日本人の溜まり場的な雰囲気のある地。バンコク好きな人は絶対読むべし!でも読んだらちょっとひいちゃうかも・・当時のベトナムボートピープルやそれにまつわるボランティアの実態など、興味ある人にはたまらない本だとおもいます。私は読み始めたが最後、眠れず、完読しました。



徳間書店
バンコク楽宮ホテル残照
バンコクに惑う (双葉文庫)
怪しいアジアの怪しい人々―怒濤のアジアに沈んだヤツら (ワニ文庫)
裏アジア紀行 (幻冬舎アウトロー文庫)







         
         

         
         

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO