ザ・ハウス・オブ・トヨタ 自動車王 豊田一族の150年



松下とホンダ勝利のDNA―「原点回帰」が強さの秘密!トヨタMR2 (No.2) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ)タクシードライバーほど面白い商売はないザ・ハウス・オブ・トヨタ 自動車王 豊田一族の150年走りの追求・R32スカイラインGT‐Rの開発パトカーマニアックス 3 (三才ムック VOL. 164)日産マーチ (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ)工兵入門―技術兵科徹底研究 (光人社NF文庫)道交法の謎―7500万ドライバーの心得帳 (講談社プラスアルファ新書)Majesty & TMAX―Yamaha sports commuters (Neko mook (246))


ザ・ハウス・オブ・トヨタ 自動車王 豊田一族の150年
ザ・ハウス・オブ・トヨタ 自動車王 豊田一族の150年

ジャンル:
セールスランク:125886 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,300 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

中国のテクノセンターの汚職

未上場株を入手した日経子会社サラリーマン時代の著者は、株主名簿に出ていましたね。トヨタを背景にのしあがったのでしょうか。それとも文春を背景にのしあがったのでしょうか。彼の経歴同様、この本も疑問符だらけです。????
トヨタの記事広告扱いの記事ではなかったのでしょうか。最近のことが抜け落ちている点も腑に落ちないです。
環境で表彰されたトヨタが子会社の日野自動車車体工業買収で公害問題にフタをしているような動きもきちんと取材してほしいですね。
これは本の形の「広告」です。大宅賞作家ということ自体???です。


はいはい、でました!

さぁ〜さ、出ました、アルバート・アレツハウザー著、佐高 信翻訳の「ザ・ハウス・オブ・ノムラ」の二番煎じ。
書名は似ているが中身は雲泥の差だ。
また著者がトヨタの御用記者とくればもう言う事はないだろう。
どうして日本ではカネや権力に擦り寄ろうとする亡者が多いのだろうか?
日経で企業のチョーチン記事しか書いたことしかないヤツが、どうして暴露記事などかけるのだろうか?
一兆円企業トヨタは、従業員のジャスト・イン・タイム(パート、季節雇用、契約社員など)で大儲けしている企業である。
トヨタにとって実業とは豊田家にとっての金儲けであり、社会的貢献など微塵もないのだ。
冒頭の名著と本書を読み比べてみて欲しい。本書の稚拙さが読み取れる。



文藝春秋
豊田家と松下家―トヨタ、松下世界二大メーカー創業家の命運
トヨタの商売 成功の7原則
トヨタを創った男 豊田喜一郎
トヨタがGMを越える日 ―なぜアメリカ自動車産業は没落したのか THE END OF DETOROIT
ホンダ神話―教祖のなき後で (文春文庫)







         
         

         
         

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送